男木島水仙郷

香川県高松市の男木島水仙郷へ行った際の様子です。高松港からフェリーめおん2に乗って男木島へ向かいます。男木港から歩いて男木島灯台へ。男木島灯台の階段を上ると、第2水仙郷がありました。

男木島水仙郷のことは、昨年も書いたのでどうしようかなとも思っていました。
しかし、昨年は天気が悪かったので、何となく心残りのようなものがありました。
どうやら週末の天気が良さそうというので、奥さんに男木島の水仙は?と聞くと、行ってみる、というので訪れました。
女木島と男木島を結ぶフェリーめおんのこと、男木島灯台の砂浜や水仙郷のこと。ゆくるでお昼ご飯を食べたこと、歩く方舟の途中に猫がいたことなど、盛りだくさんですが、男木島にご興味のある方の参考になれば幸いです。

めおん2に乗って

男木島のことを書くのであれば、その場所と行き方から始めなければなりません。
(別に決まりはないけれど、僕はこの面倒な件が意外と好きなのです)

高松港の沖合に二つの島が間近に見える(一つにも見えるが実際は二つ)のが、女木島と男木島です。
高松港からフェリーで行くと女木島へは約20分、男木島へは約40分の船旅です。

男木島への行き方
男木島への行き方

一人であれば歩いて行くところですが、今回は二人なので高松港までは車で行きました。
何度も訪れている方には関係のないところですが、小豆島や直島へ行くフェリー乗り場とは乗り場も乗船券売り場も違うので、毎回そのことを書いています。
そして、車で行ったならば、どこの駐車場に停めるかも考えなくてはいけません。
この日は10時に乗って、15時に帰る予定にしたので、前後入れると約6時間。
7時間を超えると、サンポートの地下も第一、第二駐車場も同じ1400円になるのですが、それより短いと屋外の第一、第二の方が少し安いです。
歩く距離も変わらないから、雨とかでなければ、この場合屋外の方が良いです。
(しかし奥さんは遠いからと一人先に下りました。どこが遠いんだろうとしか思えないのですが、かがわさん全般にあてはまるでしょうか。)

男木島への行き方
男木島への行き方

この日は春のような陽気で、海や港には太陽が燦燦と降り注いでいました。
目立つ赤い船体が女木、男木行のフェリー、めおん2です。
奥さんが先に購入してくれていました。高松と男木の往復大人1020円でした。

高松港のめおん2
高松港のめおん2
高松港のめおん2
高松港のめおん2

僕は島へ行ってから知ったのですが、もう一台の「めおん」(写真はめおん2)が引退するのだそうです。

めおん引退! 2月20日~28日に、ラストクルーズを実施します。
新造船の就航に伴い、現「めおん」が、2021年2月28日(日)に引退します。
現「めおん」は1987(昭和62)年に就航。以来34年にわたり、本航路で活躍してきました。
2月20日(土)~28日(日)までの9日間、長年の感謝を込めたラストクルーズとして、本航路を運航します。船内には、お別れの装飾や歴代船舶の写真展示などが行われます。
最終便は、2月28日(日)の高松港12:00発の1往復。
一般の人も乗船できますが、混雑時は人数調整の可能性もあります。
「めおん」は、赤白ツートンの小さくて可愛らしいフェリー。島民はもちろんのこと、島を訪れる数多くの観光客に愛されてきました。
2009年には、このフェリーが結ぶ人と人の繋がりをテーマにした映画「めおん」が作られました。

めおん引退! 2月20日~28日に、ラストクルーズを実施します。 | 男木島・女木島フェリーの雌雄島海運のHPより

なるほど、「めおん」のラストクルーズが20日からあるのですね。
聞いてみたら、28日の二時の便から新造船に交替するのだそうです。

新造船めおんも楽しみですね。
週末のよいお天気の日でしたが、席に間隔ができる程度の人でした。

高松港のめおん2船内
高松港のめおん2船内

後方の絨毯のところにも、幾人かのびのびと寝転んでおられました。
僕は写真を撮るので、屋外デッキへ。
毎回わあっと高揚してしまって、カメラやスマホのバッテリがなくなってしまうので、今回はフェリーを少なめに。

高松港のオリーブライン
高松港のオリーブライン

さすがに風は少し冷たいのだけれど、陽が当たるところはぽかぽかの陽気です。
この時間(10時前)だと、直島行きと土庄行きのフェリーを見られます。
時間が来ると、舫い綱を係の方が巻き始めます。
まもなくめおん2はゆっくりと方向を変え、出航です。

高松港を出港
高松港を出港

せとしるべ、赤灯台を通過し、港から出ます。

せとしるべ通過
せとしるべ通過

この日は、この時期としては珍しく晴れて海も穏やかな感じでして、春を体感するような船上でした。

めおん2の屋外デッキ
めおん2の屋外デッキ

少し霞んでいましたが、高松の街の向こうに讃岐山脈がぼんやり見え、海面は光っていました。
ああ、この景色見ながら、ずっと乗っていたい…。

めおん2の屋外デッキから
めおん2の屋外デッキから

女木港を出ると、山の上にある日蓮聖人像もくっきり見えました。
「昔若い衆が担いで、ワッセワッセと掛け声にあわせて登った」
といつだったか女木島の方が教えてくれました。

女木島の日蓮上人像
女木島の日蓮聖人像
めおん2の屋外デッキ
めおん2の屋外デッキ

もうこのままもう一時間ほど島のまわりを巡ってくれてもいいのだけれど、そういう訳にもいきません。
40分ほどで、男木港に到着です。

男木港
男木港
男木港に到着
男木港に到着

まあ、これはあってもなくても良いのだろうけれど、めおん2の船内の写真も載せておきます。(だからこの件はながくなるのだが…)

めおん2の屋外デッキ
めおん2の屋外デッキ
高松港のめおん2船内
高松港のめおん2船内

男木島灯台へ

男木港で下船すると、すぐに高松市男木交流館、男木島の魂がありますが、その横でも何か作っていました。
掲示見たら、男木のコミュニティセンターだそうです。
2022年の瀬戸芸に間に合うとよいですね。

男木島の魂
男木島の魂

方角で言うと北、船が入って来た方向に向かって男木島灯台を目指します。

男木島灯台、水仙郷への行き方
男木島灯台、水仙郷への行き方

最初は集落の中の上り坂を少し歩いて行きますが、すぐに畑の中の道となります。
道端には、水仙のお花が咲いています。
男木島水仙ロードという名前はついていないようですが、何か所か水仙が綺麗に咲いていました。

男木島水仙郷への道
男木島水仙郷への道
男木島水仙郷への道に咲く水仙
男木島水仙郷への道に咲く水仙

近くを通ると、ちょうど顔あたりに花があるので、甘い水仙の匂いがしてきます。
天気も良くて暖かく、前後には誰もいません。

男木島水仙郷への道
男木島水仙郷への道
男木島水仙郷への道に咲く水仙
男木島水仙郷への道に咲く水仙

一台だけ、軽トラックが向こうから来て、すれ違いました。
小さい子が一緒に行く時には、気を付けてください。

やがて男木灯台まで1300mの看板登場。
「Youは何しに灯台へ?You行っちゃいなよ!」
考え出すとなかなか哲学的な問いですが、きっと灯台とか水仙とかが海辺にあるところが好きなんだろうね。同じ市内だし。

男木島灯台まで1300m
男木島灯台まで1300m

最初の上り坂を超えれば、多少の上り下りはあるけれど、比較的平坦な道が続きます。

男木島水仙郷への道
男木島水仙郷への道

かさかさ、という音が時折草木の間から聴こえてきます。
「鳥だよ、鳥。」と奥さんは言うけれど、もしや春の暖かさに目覚めてしまったイノシシなんかだったら、どうしようと思ってしまいます。
まあ、もしそうだったら、そのことを時期で書けるから、さあいつでも来いと開き直ります。(全部鳥だった、たぶん)

男木島灯台まで1000m。喜びも悲しみも1000m。

男木島灯台まで1000m
男木島灯台まで1000m
男木島水仙郷への道
男木島水仙郷への道

この辺りから左手に海が見えてきます。
海と水仙、この道を歩くのは、本当に気持ちが良いところ。

男木島水仙郷への道に咲く水仙
男木島水仙郷への道に咲く水仙
男木島水仙郷への道から瀬戸内海
男木島水仙郷への道から瀬戸内海

静かになると、この道では波の音と鳥のさえずりしか聞こえません。

男木島水仙郷への道
男木島水仙郷への道

そうそう、ちょうど水仙の季節は、梅の季節とも重なるので、梅の花もあちこちで見かけました。

男木島水仙郷への道沿いの梅
男木島水仙郷への道沿いの梅

男木島灯台まで500m。行くは660歩戻るは1715歩。
そうなると、行ってみようかと思いますよね。

男木島灯台まで500m
男木島灯台まで500m

石碑を通り過ぎろと、最後の海岸線が見えてきます。

男木島灯台前の石碑
男木島灯台前の石碑
男木島水仙郷への道
男木島水仙郷への道

海が近くにあって、下に行けるので奥さんは行きたいとのこと。
釣りをしている方がいたけれど、その脇を抜けて海岸へ。
結構潮が満ちて来ていて、ぎりぎりでした。

男木島灯台から岡山方面
男木島灯台から岡山方面
男木島灯台、水仙郷への行き方
男木島灯台、水仙郷への行き方

男木島灯台から男木島水仙郷へ

少しの間海岸にいたけれど、灯台の方へ向かいます。

男木島灯台
男木島灯台

灯台の方から幾人かの方が歩いて来られ、後ろの方からも数組の方が来られていましたので、やはり皆さん水仙を目指して来られたのですね。

男木島灯台
男木島灯台
男木島灯台周辺の案内図
男木島灯台周辺の案内図

紫外線なのか、潮風なのか案内板の色が落ちてしまいました。
この辺りは灯台の資料館やキャンプ場、トイレなどがあります。

いつもこの辺りは灯台の内部を見学する人の列で写真が撮りにくいのですが、誰もいなかったので、大丈夫でした。
シャワー室もあるのだろうか、といつも思います。
そして、四国村にある、灯台守の宿舎を思い出すところ。

男木島灯台のシャワートイレ室
男木島灯台のシャワートイレ室

そしてこちらが男木島灯台資料館。
どちらの建物もかつて官舎だったのだろうけれど、なかなか素敵な雰囲気です。

男木島灯台資料館
男木島灯台資料館

いつもに比べ、今日は閑散としている男木島灯台。
ザ・灯台という感じで、いいですね。

男木島灯台
男木島灯台

男木島灯台が建設された当時には、職員2名がその家族とともにこの地に住み、灯台の管理を行っていました。
地元の村落からも遠く離れ、孤立した環境の下、必要な食料・生活用品調達の困難、 乏しい雨水を使っての炊事と洗濯、閉鎖社会での人間関係、情報からの断絶、医療の不備、子どもの教育の困難、娯楽施設の皆無、数年での広域転勤、しかしながら、 その一方で、同僚との連帯感、子どもの成長などささやかななぐさめもあり、まさに、厳しい環境下にて、家族とともにじっと耐え、ひたすらに沖行く船の航海の安全を祈った職員の崇高な使命感~いわゆる 「守灯精神(しゅとう・せいしん)」~は、日本映画の名作「喜びも悲しみも幾年月」に描かれています。
現在では、男木島灯台は無人化がなされておりますが、男木島灯台に隣接して、灯台の歴史をテーマとした灯台資料館が設けられています

高松海上保安部/男木島灯台資料館のHPより引用

男木島水仙郷への階段
男木島水仙郷への階段

灯台とは反対側に歩いていくと、水仙郷に続く階段があらわれます。
案内板があるので、じっと見つめている方もいました。
水仙郷は第1と第2の二か所とあるそうですが、第2の方までと決めています。
遊歩道案合図の写真は結局撮り忘れたので、昨年のものです。

男木島灯台周辺案内図
男木島灯台周辺案内図(2020年2月撮影)

第2水仙郷から第1水仙郷まで約500mとあるけれど、この間ほぼ上りが続いて、結構細い道もあります。行かれる方は、どうぞお気をつけてお出かけください。

男木島水仙郷への階段
男木島水仙郷への階段
男木島水仙郷への階段
男木島水仙郷への階段

道の端に水仙が咲いているので、ここもとてもいい匂いのする小径です。
上り坂や階段を行くのは苦しいですが、頑張って進みます。

男木島水仙郷への階段
男木島水仙郷への階段
男木島水仙郷への階段
男木島水仙郷への階段

こういうところを歩く時は奥さんのペースにあわせます。
先にすたすた行って、後から合流してまた進もうとすると、後から行った人は休憩ができない、と言うので。まあ、確かにそうだ。

男木島水仙郷への階段
男木島水仙郷への階段
男木島水仙郷への階段
男木島水仙郷への階段

木々の間から海と豊島は見えます。
この辺りにつく頃には、暑くなってきて、着ていた上着を脱いでいました。

第一水仙郷郷まであと800m
第一水仙郷郷まであと800m

そうなんですよね、あと800mというと行けそうな感じになるのですが、来た道を戻るような感じになります。
さあ、最後の坂を上って、とりあえず第二水仙郷へ。

男木島水仙郷への階段
男木島水仙郷への階段

男木島第2水仙郷に到着です。
わあ、やっぱり雨と晴れている時に見るのでは印象が違いますね。

男木島水仙郷
男木島第2水仙郷

奥に島や海の景色が見えるというのは、やはりいいものです。

男木島水仙郷
男木島水仙郷
男木島水仙郷
男木島水仙郷

そして、何よりも2月なのに暖かな日差しに包まれている、というのがとてもよかったところです。
しばらくすると、山をハイキングしているのか、グループの方が通り過ぎて行きました。

男木島水仙郷
男木島水仙郷
男木島水仙郷
男木島水仙郷

僕はもうあと1時間ほどいても、全く退屈しないけれど、下の砂浜へも寄りたいというので、降りていきました。

灯台へ来た方向と反対側には、砂浜が広がっています。
流木のベンチがあって、座っている方や、子どもが砂遊びをしていました。
ムムム、これはとても気持ちが良い砂浜で、特にリゾート地とか人の手が入ったところではないのですが、それがまたよいところです。

男木島灯台脇の砂浜
男木島灯台脇の砂浜
男木島灯台から見る豊島
男木島灯台から見る豊島
『あつまれ どうぶつの森』のテーマ曲を演奏してもらいました

もうはじめてから一年近くになりますが、「あつ森みたいだね」と言っていました。
僕と子どもはしなくなって随分経ちますが、奥さんはずっと続けてしていて、最近はカーニバルで踊ってどうとか言っていました。

男木島灯台脇の砂浜
男木島灯台脇の砂浜

貝殻についたフジツボを見つけて喜んでいました。
資料館に寄贈出来たらよいのにね。

男木島灯台
男木島灯台

この後、灯台を離れ、お昼ご飯を食べるため、男木港の方へ戻りました。

ogijimaゆくるでランチ

男木島へ行くということになって、奥さんが楽しみにしていました。
ogijimaゆくるさんには、2019年の瀬戸芸の際にたまたま訪れて、ランチを頂いたのですが、とても美味しかった印象があって、また男木島に来る時には寄りたいね、と言っていました。
昨年も立ち寄ってみたのだけれど、港で出されていたようで、こちらの店舗には、誰もいませんでした。
一応前日に電話すると「営業している」とのこと。
席の予約をお願いしました。
他のカフェなんかも見たけれど、臨時休業などもあって、やっているかどうかわからない、と奥さんは言っていました。
お昼ご飯をどうしようと思っていたので、営業していて助かりました。

何度か行ったけれど、行き止まりの道もあって、ちょっと迷いやすいところにあるので、マップをオンにして歩いて行ってください。

島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくる
島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくる

この日のランチはオリーブ豚のしゃぶしゃぶ。
ドリンク付きで1350円でした。
どうしても海の幸が多くなってしまうけれど、そうではない食事ができるところも、よいところです。海の幸は、他のところでも食べられるものね。

島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくる
島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくる

古民家を改装したゲストハウスとカフェなのですが、ゲストハウスが出来てからははじめて来ました。

島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくる
島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくる
島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくる
島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくる
島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくる
島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくる
島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくる
島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくる

風が吹くと、水仙の匂いが部屋の中を移動して行きます。
さらさらと春のような風が抜けていきます。
何だ、もしかしたらここは天国か何かでしたか、と思うほど。

島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくる
島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくる

これは気持ちが良いところだね、としか会話をした記憶がありません。
その後一人、二人と若いお客さんが来ていました。
そうだね、今日男木島でお昼食べるなら、ここですよね。

島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくるのランチ
島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくるのランチ
島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくるのランチオリーブ豚のしゃぶしゃぶ
島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくるのランチオリーブ豚のしゃぶしゃぶ

ムムム、これは本当にランチなのであろうか、というボリュームです。
「ごまだれ」で食べるオリーブ豚のしゃぶしゃぶは美味しかったです。

島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくるのメニュー表
島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくるのメニュー表

ランチの後に他のカフェに行こうと思っても、開いていないので、ここでおやつも食べることにしました。
パンプキンさんというアイス。

島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくるパンプキンさん
島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくるパンプキンさん
島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくるパンプキンさん
島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくるパンプキンさんアイス

奥さんは和三盆バーガーを食べていました。

島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくるの和三盆バーガー
島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくるの和三盆バーガー

これも中にアイスが挟まっていました。
2月ですが、暖かい日だったので、ちょうどよかったです。
もうこのまま居続けたいところですが、外ではニャーニャーと猫の鳴き声が聞こえてきます。
ご飯を食べた後は、歩く方舟へ。

歩く方舟と猫

子どもが留守番している(行かないと言ってた)ので、お土産のピザを買って持っていました。

島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくるのピザテイクアウト
島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくるのピザテイクアウト
島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくるのピザテイクアウト
島のゲストハウスとカフェ ogijimaゆくるのピザテイクアウト

そしたら、今までにそんなことはなかった、というほど猫たちがやって来ました。

男木島の猫
男木島の猫

『あんた、何か手に持っているだろ?』

男木島の猫
男木島の猫

『私たちはごまかされないよ、それピザでしょ!』

男木島の猫
男木島の猫

『なんなら、それをここにそれを置いていってくれてもいいんだぜ』

男木島の猫
男木島の猫

『ふん、くれないなら、さっさと行っちまいな!』

そんな風に言っていたかどうかはわかりませんが、すごい近づき方でした。
人も少なかったから、お腹が空いていたのかもしれませんね。

男木港から歩く方舟
男木港から歩く方舟

あの砂浜の向こうにある白いオブジェは、男木島アートのシンボルの一つです。
これがあるから、こちらへ行ってみよう、見てみようという気になります。

男木港から歩く方舟
男木港から歩く方舟
歩く方舟横の砂浜
歩く方舟横の砂浜

近くの砂浜、この向こう側にも海水浴場があるらしいのですが、そこまでいかなくても、このくらいのスペースで十分です。
雲が少し出て来ていましたが、春の日差しがキラキラしていて、来れてよかったなあと思います。

歩く方舟横に咲く水仙
歩く方舟横に咲く水仙

水仙が岩陰から顔を出していたので、もしかしたら知らないうちに水仙郷になるのでは、と楽しみにしています。

歩く方舟
歩く方舟
歩く方舟
歩く方舟

すぐに別の方が来られたので、誰もいない時間は数分でしたが、良い時にこれたなあと思います。

男木港に戻ると、ちょうどめおん2が入港してきました。

男木港に入るめおん2
男木港に入るめおん2

今日の猫ちゃんたちはお腹を空かしているから、たくさん寄ってきますよ。

男木港
男木港

港に停泊しているめおん号も、客室が飾られていました。
ラストクルーズには、やはり多くの方がくるのでしょうね。

男木港に停泊するめおん
男木港に停泊するめおん

予定通り15時の便で高松に戻ります。

男木港を出港
男木港を出港
男木港を出港
男木港を出港
男木島水仙郷(2020年2月)

水仙の時期には何度か訪れていますが、今回はとても気持ちがよかったです。
後から思い出したら、きっと「あれは楽しかった」というような感じです。
また週末に寒さが和らぐようだし、香川県の警戒レベルも引き下げられました。
もし、行く機会があれば、是非立ち寄ってみてください。
それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただき、ありがとうございます。

デル株式会社