きたなだ海の駅

徳島県鳴門市北灘町にあるきたなだ海の駅を訪れた際の様子です。高松からは車で約1時間ほど、国道11号線沿いの海の駅に到着です。観光客に人気のとれたて食堂では、新鮮なお刺身や海鮮丼を頂きました。その後ウチノ海にかかる堀越橋まで行きました。

お正月に四方見展望台へ行った際にきたなだ海の駅の前を通ったので、一度行ってみたいなあと思っていました。
ちょうど四方見展望台の先にある堀越橋を見逃していたので、
「美味しいものがあるかもよ」
と奥さんを誘って行ってきました。
香川県からすぐ東隣、瀬戸内海に面した徳島県鳴門市北灘町にあるきたなだ海の駅にご興味がある方の参考になれば幸いです。

国道沿いにきたなだ海の駅

まずはきたなだ海の駅の場所から。

高松からは車で約1時間。この日は高速で引田インターまで行ったので、10分ほど早かったと思います。
インターを降りてからは国道11号を海沿いに東へ進みます。
以前に訪れた大坂峠うずしおロマンチック海道を過ぎ、10分ほど海沿いの道を行きます。

きたなだ海の駅の場所
きたなだ海の駅の場所

高松から行くと、前方の海に大きなクレーンが突き出たのがちらちら見える頃、きたなだ海の駅に到着です。

きたなだ海の駅の場所
きたなだ海の駅の場所

駐車場から見て行きますね。
立派で新しい看板なのですが、よくよく見ると、イラストが味わい深いです。
船の人と陸の人が手をつないでいるのだと思いますが、見方によっては引っ張り混んでいる、あるいは助ける為に手を引き上げている…、それぞれ人によりますかね。

きたなだ海の駅の看板
きたなだ海の駅の看板
きたなだ海の駅の駐車場
きたなだ海の駅の駐車場

お正月には警備員さんが道路沿いに立っていて、駐車場は満車です、と声をかけていたほど。
そのさらに先にあるびんび家さんにも、その日は行列ができていましたので、ちょうどこの辺りが訪れる方の食事場所となっているのでしょうね。
この日はまだ少し停められるスペースがありましたが、やはり大半は埋まっていました。
人気のあるスポットなのでしょうね。

うずしおロマンチック海道からは約6kmとあります。

きたなだ海の駅うずしおリゾートやすらぎの路の看板

きたなだ海の駅うずしおリゾートやすらぎの路の看板
きたなだ海の駅の看板下のレリーフ
きたなだ海の駅の看板下のレリーフ

なぜか看板の下にはレリーフがありました。
この先にあるのは、ロマンチックな彫刻公園なのですよ、ということを表しているのかもしれません。

こちらが高松方面で、今先ほど走ってきた方向。

きたなだ海の駅に面した国道11号引田方面
きたなだ海の駅に面した国道11号引田方面
きたなだ海の駅に面した国道11号鳴門方面
きたなだ海の駅に面した国道11号鳴門方面

こちらが鳴門へ向かう方向です。
この国道にはバスが走っているのか、バス停もありました。
徳島バスの引田駅と鳴門駅間を結ぶ路線で、北灘公民館前(さかな市前)というバス停でした。
見てみたら1時間に1本くらい出ていました。

きたなだ海の駅のバス停 北灘公民館前
きたなだ海の駅のバス停 北灘公民館前

こちらは駐輪場。
これからの季節、サイクリングで来る方も多いのでしょうね。
高松までは、国道がほぼ沿岸を走るから気持ちよいのだろうと思います。

きたなだ海の駅の自転車駐輪場
きたなだ海の駅の自転車駐輪場
きたなだ海の駅前の大浦漁港
きたなだ海の駅前の大浦漁港

すぐ隣には漁港があります。
大浦漁港となっていますが、付近にはワカメがどさっとたくさん!

きたなだ海の駅のわかめ
きたなだ海の駅のわかめ

漁港というとお魚ばかり思い浮かべてしまいますが、鳴門のワカメってこういう感じで採っているのですね。

とれたて食堂

奥の方には生簀などがありそうだった(実際にあった)のですが、泳いでいるのを見てから食べるのもなあ、という気になって、先に食堂へ。
時折テレビなんかにも出てくる人気のお店ですが、少しお昼より早い時間だったので、さっと入ることが出来ました。

きたなだ海の駅とれたて食堂入口
きたなだ海の駅とれたて食堂入口
きたなだ海の駅とれたて食堂入口
きたなだ海の駅とれたて食堂入口

ペットと一緒に来た方はテラス席でも食事ができるのですね。

きたなだ海の駅とれたて食堂
きたなだ海の駅とれたて食堂
きたなだ海の駅とれたて食堂
きたなだ海の駅とれたて食堂

消毒と検温して中に入ります。
入口の脇にガラスのショーケースがあって、その中にはお魚の煮つけがたくさん。

きたなだ海の駅とれたて食堂のガラスケース
きたなだ海の駅とれたて食堂のガラスケース
きたなだ海の駅とれたて食堂のガラスケース
きたなだ海の駅とれたて食堂のガラスケース

カマやアラの煮つけだと思うのですが、どれも大きくて美味しそうです。
奥さんはおまかせ定食でブリのお刺身を選んでいました。

きたなだ海の駅とれたて食堂おまかせ定食ブリの刺身
きたなだ海の駅とれたて食堂おまかせ定食ブリの刺身

僕は迷ったけれど、違うものをと海鮮丼にしました。

きたなだ海の駅とれたて食堂海鮮丼
きたなだ海の駅とれたて食堂海鮮丼
きたなだ海の駅とれたて食堂海鮮丼
きたなだ海の駅とれたて食堂海鮮丼

僕はそれほど気にしないのですが、奥さんは「酢飯?普通のご飯?」と何度も尋ねてきます。
僕は昔からそんなに海鮮丼なんかは食べたことはないし、それほど好んでというものではないのですが、奥さんが言うには、ご飯が酢飯であるかそうでないかが、海鮮丼の好みを決める重要なポイントなのだそうです。
(後で聞いたら冬は温かい普通ご飯、夏は冷たい酢飯なのだそうで、どうりで覚えられないはずだ。)
普通のご飯だよ、というとちょっと食べてみたいと食べていました。
酢飯だったら食べないか、というと恐らく食べてみると思うので、一体どちらが好みなのかは今も不明ですが、ブリやタイなどの新鮮なお刺身がたっぷり乗っていて、とても美味しかったです。
海鮮丼が美味しいなあと思い出したのは、宇和島のフェリー乗り場で食べたみなっとの海鮮丼
あれも美味しかったけれど、今回も美味しかったです。

そして、これでもか、とわかめのたくさん入ったお味噌汁。

きたなだ海の駅とれたて食堂ワカメの味噌汁
きたなだ海の駅とれたて食堂ワカメの味噌汁

魚とワカメは売るほどありますよ(実際に売っているのだが)という感じでワカメが入っています。
これも美味しかったです。
食堂の中の様子も撮りたいなあと思っていましたが、次々とお客さんが来て満席になってしまったので、無理でした。

食堂の隣には、カフェのようなお店もあり、そこには猫が何匹かいました。

きたなだ海の駅JF北灘海ン家
きたなだ海の駅JF北灘海ン家

猫をずっと見ているお客さんもいましたが、僕が見てみたいのは生簀の中。

きたなだ海の駅の生簀
きたなだ海の駅の生簀
きたなだ海の駅の生簀
きたなだ海の駅の生簀

鯛に、

きたなだ海の駅の生簀
きたなだ海の駅の生簀
きたなだ海の駅の生簀
きたなだ海の駅の生簀

はまち(うず潮はまちとある)などがいました。

きたなだ海の駅の生簀
きたなだ海の駅の生簀
きたなだ海の駅の生簀
きたなだ海の駅の生簀

こちらは牡蠣。
いろんな魚介類がいたので、見ているだけでなかなか面白いところです。

きたなだ海の駅
きたなだ海の駅

牡蠣に鳴門鯛、すだちぶり、先ほど食べたばかりですが、どれも美味しそうです。
美味しそうだなあと思っているのは、猫も同じなようで、その隣にはなる駅長の像がありました。

きたなだ海の駅なる駅長像
きたなだ海の駅なる駅長像
きたなだ海の駅なる駅長の説明
きたなだ海の駅なる駅長の説明

もともとやせていた猫が、港で育ち、看板猫になり、その後亡くなった、というようなことが書いてあります。
地元の皆さんに愛されていたのでしょうね。

きたなだ海の駅なる駅長の写真
きたなだ海の駅なる駅長の写真

サツマイモや文旦、ワカメなどを少し買い、天気がよいので周辺をお散歩しようということになりました。

さかな市のちょっと一息!浜風散歩道という看板があります。

きたなだ海の駅浜風散歩道
きたなだ海の駅浜風散歩道
きたなだ海の駅浜風散歩道
きたなだ海の駅浜風散歩道

わあ、奥には引田、沖合には小豆島、こんな感じで見えるのですね。

きたなだ海の駅浜風散歩道
きたなだ海の駅浜風散歩道
きたなだ海の駅浜風散歩道
きたなだ海の駅浜風散歩道

反対側には、鳴門、その向こうは淡路島。
一隻白い漁船が港に入ってきました。

きたなだ海の駅浜風散歩道
きたなだ海の駅浜風散歩道

この辺りに住む方にとっては、何でもないことかと思いますが、何となく良い雰囲気でした。
奥にちらっと海に突き出て見えるのが採石工場のクレーンです。
昔はじめて見た時に「ワカメか何かを引き上げるのですか」と尋ね、ワカメじゃなく石と笑われてしまった記憶があります。
ひとまわりして堀越橋に向かいます。

鳴門堀越ほりこし

前回四方見展望台に来た時に、時間が無くなってしまい、立ち寄れなかった堀越橋まで行ってみたい、というのが今回の目的の一つでしたので、行ってみます。
きななだ海の駅からは鳴門スカイラインを走って約20分ほどでした。

鳴門堀越橋
鳴門堀越橋
鳴門堀越橋
鳴門堀越橋

ウチノ海を半分くらい回るようなそんな道のり。
ええと、この日もブォンブォンというエンジンを響かせた車の方や、バイクの方が次々に通り過ぎて行きます。
走りやすい道なのでしょうかね。
予めグーグルマップで見つけていた「P」の文字のところに車を入れますと、何と少し廃屋になっている感じがしました。(いや、お住いの方がいたら申し訳ない)
そのすぐそばに堀越橋が見えました。

鳴門堀越橋
鳴門堀越橋

男はつらいよ第26作寅次郎かもめ歌で見たイメージどおりでした。


右手側、南南西の方向にはウチノ海が見えます。

鳴門堀越橋からウチノ海
鳴門堀越橋からウチノ海

ちょうど島の境で海峡のようになっているのですね。
勢いのよい海流が真下に見えます。

鳴門堀越橋からウチノ海
鳴門堀越橋からウチノ海

反対側には鳴門海峡の方面。

鳴門堀越橋から亀浦観光港
鳴門堀越橋から亀浦観光港

鳴門観光港、亀浦観光港に、観潮船(渦潮を見るための観光の船)が見えました。
あの向こう側が大塚国際美術館の駐車場になるのですね。

鳴門堀越橋下の流れ
鳴門堀越橋下の流れ
鳴門堀越橋(2021年2月)

これははじめて見る素敵な景色でした。
天気も良くて、日が差すたび、波が立つたびに海面の表情が変わっていきます。

もう、しばらくここにいて、動画を撮ったり、行き交う船を眺めていたいと思っていましたが、急にお手洗いに行きたくなってしまいまして、先ほどの駐車場にあるだろうと戻ったら、何とそこは施錠されていました!
ウムム、これはまずいと車に乗り込み、四方見展望台に戻りました。
何だかトイレに行ったところでひと区切りとするのもどうなのだろうかという気もしますが、この続きは次回書きたいと思います。
それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただき、ありがとうございます。