亀水バラ園の桜

香川県高松市にある亀水バラ園を散策した様子です。桜の時期だったので、満開の花に囲まれ春の雰囲気を感じました。

前回の満濃池森林公園の桜の記事に続き、今回は 亀水バラ園の桜 です。
高松市内にあるのですが、そんなに誰もが知っているところではなく、地元の方や、知っている方は知っているという程度のバラ園ですが、そこに桜が咲いています。
ちょうど訪れる前日、高松市でもはじめて「週末の不要不急の外出自粛」が言われはじめたのですが、この日は奥さんに必要な用事があったので、車で送って行くことになりました。
僕はじっと車で待っていても(不要不急だから)よかったのですが、天気も良かったし、立ち寄ってみようかな、という感じで見てきました。
記事にしようかどうかは迷うのですが(いつものこと)、もうすでに桜は散ってしまっただろうし、また来年以降のこともあるので、書いておこうと思います。
高松市の亀水たるみバラ園の桜のことなんかに、もしご興味がおありでしたらどうぞお読みください。

その名もバラ園

僕もこれは非常に珍しいとは思うのですが、今回記事にする場所には正式な名前がありません。
所管は高松市の衛生処理センターだそうで、
「正式な名前がありますか?」
「名前は…、特にないんです」
という感じ。
担当の方を、訳のわからない内容でそれ以上困らせる訳にもいかないから、そうですかとしておきましたが、その場所を紹介するのに名前がないのは困ります。
「あれ」とか「それ」とかでも良いのですが、googleさんMAPにて「バラ園」としているので、そう呼びたいと思います。
「高松 バラ園」で出てくるサンポート高松のバラ園とは別の場所です。
まずは、場所から。

高松のかがわさん(香川の地元の方)たちが、県外から来た方に「これ何て読むと思う」という謎のなぞなぞを出すことがありますが、ここも読み方の難しい地名です。
亀水とあれば、たいてい「かめみず」とか「きすい」と読んでしまいますよね。
来たばかりの方は、もし謎のなぞなぞ知っている風にたるみなんて、答えずに、素直に間違ってあげてください。

亀水バラ園の場所
亀水バラ園の場所

ちょうど高松市と坂出市の市境近くにあり、東にはレクザムスタジア厶(香川県営野球場)、西側には大崎の鼻があります。
高松市中心部からは車で約20分。
浜街道と呼ばれる道を西に進み、生島町の交差点を右折しますと、右手に綺麗な桜並木が見えました。(運転しているので写真はありません)

亀水バラ園の場所
バラ園の場所

20年以上前に何度か行くことがあって、はじめてではないのですが、毎回「この道でよかったのだろうか?」と思うような道です。
地元の方は走り慣れているから、僕から見るとえらい速度で煽られるように走っていますが、カーブが多いので、安全運転で行ってください。

亀水バラ園の場所
バラ園の場所

普段であれば、このブログでは、ここが駐車場になっているので、ここに停めれば良いですよ、という感じでご紹介しているのですが、今回はできません。
「バラ園の駐車場はありますか」
「駐車場に関しては…」
ムムム、なるほどバラ園自体に専用駐車場はないのだそうです。
路上には迷惑になるので、絶対に停めないで、と言っていました。

亀水バラ園の桜
亀水運動センターの駐車場

現実問題としてどうなっているかは、写真などから現地の様子を想像してください。
なので、ここはその名も持たず、専用の駐車場もないのだけれど、近隣の方が春になると桜を楽しむ憩の場となっている、という理解が正しいのだと思います。
もう一つ現実的なことに、こんな張り紙もありました。

亀水バラ園の桜
バラ園の注意書き

高松市のHPにも同じような内容が出ていました。

旧衛生処理センターに隣接するバラ園内での飲食等の利用に関する注意喚起について
衛生センターが管理するバラ園については、新型コロナウイルス感染症の感染拡大防止を図る観点から、次のとおり、バラ園内等で飲食等をされる場合の注意喚起を行うこととしましたので、お知らせします。
・利用者の体調管理には十分御留意ください。
・発熱や風邪の症状のある方は来園をお控えください。
・十分な手洗い等、除菌を心掛けてください。
・飲食をする場合は、オードブル形式の会食、皿やコップ等の共有は避けてください。
・多人数での開催や、混雑、密集を避け、他のグループとはできるだけ間隔を広く取り、食事後は、速やかに移動等して、接触時間を短くしてください。
・散策の際にも、咳エチケット、マスクの着用等に御配慮ください。

旧衛生処理センターに隣接するバラ園内での飲食等の利用に関する注意喚起について|高松市より引用

バラ園に桜

亀水バラ園の桜
バラ園に隣接する道

木によってはまだ先の方がつぼみのものもあったけれど、ほぼ満開でした。
数組の方が、椅子に座ったり、家族連れで歩いたりしていました。

亀水バラ園の桜
亀水バラ園 桜が植えてある
亀水バラ園の桜
バラ園

僕もここに来たことはあるけれど、この桜の時期に来るのははじめてです。
いつか来てみたいなあと思っていましたが、なかなか綺麗な桜並木になっています。

亀水バラ園の桜
バラ園園路

ちょうど園路にそってバラの植え込みがあるのですが、その外側に桜が植えられていて、バラ園の敷地を囲むように桜が咲いています。

亀水バラ園の桜
バラ園園路から見る桜
亀水バラ園の桜
バラ園園路から見る桜

本来であればこの時期には、多くの方がお花見に訪れるのだろうけれど(もちろんはじめて来たのでわからないが)、ほとんど人の気配はなく、隣の工事車両の音と、道路を行き交う車の音が聞こえています。

亀水バラ園の桜
バラ園園路から見る桜

すぐ隣が道路になっているから、運転している人からも綺麗な桜が見えているのだろうと思います。

亀水バラ園の桜
バラ園西側の桜
亀水バラ園の桜
亀水ばら園の桜

もう一度バラ園内に戻っていきます。

亀水バラ園の桜
亀水バラ園 桜
亀水バラ園の桜
亀水バラ園 桜

これが全体の写真なのですが、広くはないけれど芝生の広場があって、小さい子が遊んでいました。

亀水バラ園の桜
亀水バラ園の桜

普通であれば、良い天気で桜も満開ですね、なんて声かけたり、かけられたりするのですが、マスクもしているせいか余所余所しいです。
僕はかがわさんとの会話(方言も含めて)が、このブログの一つのおもしろさだと勝手に思っているのですが、それがないと、自分がつまらないことに、最近気が付きました。時期的に、これは仕方がないところ。
お互いに距離を取りながら、心の中で会話することにします。

亀水バラ園の桜
バラ園の桜

「今日は満開でいいですね」
「ほうやな、今日は気持ちがええ、どっから来たんな」
「高松です」
「高松のどこな?」
他愛のない会話ではありますが、これが意外に大事なところで、
「○○の桜もほんまにきれいなけど、行ったことあるん」
なんて、僕の知らないところをこういうところで教えてくれたりします。

亀水バラ園の桜

心の中の会話を終え(ほぼ妄想に近いが)、また歩いて進みます。
その後どうなったのかは知りませんが、この時期にはまだ運動センターではテニスをされる方の姿がありました。

亀水バラ園の桜
バラ園の桜
亀水バラ園の桜
バラ園の桜並木

こう長いまっすぐな道が続いていると、その先には、何があるのか、ちょっと見てみたいですよね。

亀水バラ園の桜
バラ園の桜並木
亀水バラ園の桜
桜並木がありました

運動センターとバラ園の両サイドの桜に囲まれて、春の匂いを感じながら歩きます。
その時には、それが特別なこととは思わずとも、あとから振り返ると、これは見てよかった、ということがありますが、今回はそんな感じです。

亀水バラ園の場所
バラ園 桜の場所
亀水バラ園
五色台 奥が紅峰、手前が紅ノ峰鼻

ちょうど北西の側に山があるのですが、陽の加減なのか木々のいろなのか、ところどころに赤が見えます。
あまり五色台というのを意識したことはなかったけれど、本当に赤く見えるのだなあと思いました。
帰宅後調べてみると、奥が紅峰で、手前は紅ノ峰鼻こうのみねのはなと呼ばれているのだそうです。僕の写真ではわかり難いし、見間違えかもしれませんので、皆さんよかったらご自分の目で確かめてみてください。

亀水バラ園から見る亀水湾
亀水湾と大槌島

バラ園の道の先は海に繋がっていて、亀水湾という小さな湾になっていました。
遠くには大槌島(たぶん)が見えました。
20分ほどの短い散策でしたが、春を感じるひと時でした。
少しこの状況が落ち着いて、ゆっくりお花見できると良いですね。
それでは、今日はこの辺で。
いつもお読みいただき、ありがとうございます。